RKとは

RK TAKASAGO CHAIN


レーシング・テクノロジー

MotoGPをはじめ、鈴鹿8耐に代表される耐久レース等数々のレーシングサポートによって得た最新技術を製品にフィードバック。消耗品の域を超え、走る喜びを感じられるのがRKチェーンです。


車両メーカーで純正採用

RKチェーンは、国内はもとより世界のオートバイ車両メーカーに純正採用されています。非常に厳しい品質とテストに応える技術・品質・生産力を有している証です。


ジャパン・クオリティ

RKの国内アフター向けチェーンは全て日本製です。世界に誇る4大メーカーを有する2輪大国、日本。日本の2輪環境をを活性化する為にも、「日本製」にこだわり続けます。



歴史と伝統

高砂鐵工㈱まで辿れば、RKの歴史は1932年まで遡ります。チェーンは自動化が進んだ現代でも人の手を加えなければならない工程が多い工業製品です。RKチェーンは約80年間、技術によって磨かれ、人によって紡がれてきたブランドです。


駆動系のオーソリティへ

チェーンに続き、1996年にブレーキパッドをラインナップ。2013年には更にコンバート用スプロケットとスクーターベルトを導入。駆動系をトータルでカバーする「駆動系のオーソリティ」へ進化を続けます。


シールリングとRK


24時間耐久用の無交換チェーンを開発したRK。
1977年のボルドー耐久レースにおいてそのチェーンを装着したHONDAのチームが優勝。それまでは1レースで3本のノンシールチェーンを消費していたところを、RKのシールチェーン装着車は1本で走りきる事が出来たのです。
翌年の1978年、初めての開催となった鈴鹿8時間耐久レースで、RKのシールチェーンを装着したヨシムラが優勝。シールチェーンの存在と評価が一気に広がりました。
RKのシールチェーンが量産車両の純正装着として初採用されたのは1975年。レースの驚異的な実績が後押しし、シールチェーンは純正チェーンとして加速的に各車両メーカーの量産車に続々と採用される事になりました。

ご質問やご意見などありましたら、お電話またはお問い合わせフォームよりお寄せください。 TEL 0120-127-254 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、夏期休暇、年末年始を除く)

PAGETOP
Copyright © RK JAPAN co.,ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress