ブレーキパッド

二輪車用ブレーキパッド取扱説明
下記の解説を無視し、誤った取扱を行うと、人が死亡・重傷・傷害を負う可能性及び、物的損害の発生が想定されます。 必ず順守してください。
御使用上の注意
製品は万全の管理のもとで製造しておりますが、選定・取扱に誤りがありますと本来の性能を発揮出来なかったり、事故につながる事があります。
交換作業は、最寄の専門技術を有する販売店で、交換する車両の正規サービスマニュアルの指示通りに作業を行ってください。

警告
  1. ブレーキパットの摩擦材部分の厚みが、残り2mm以下になる前に必ず新品に交換して下さい。
    新品のブレーキパッド
    交換が必要なブレーキパッド

  2. ブレーキパットは必ず車種に適合した物を選定してください。
  3. ブレーキパットへの切削、研磨等の加工は絶対に行わないで下さい。
  4. 交換作業の際、キャリパーやブレーキパットの洗浄には、必ず専用のケミカルを使用してください。
    ガソリン、灯油、防錆潤滑剤、シンナー等の有機溶剤は絶対に使用しないで下さい。
  5. FA5及びUA7は公道用に開発されている為、レース等ブレーキを酷使する競技用としては使用しないで下さい。
  6. FA5及びUA7には、純正パッド等に同梱されているSUSプレート等の付属品は使用しないで下さい。
    MA-Xの場合、パッケージに同梱されているSUSプレート等の装着が必要ですが、同梱されていない場合は、純正品等に同個されていたSUSプレート等はご使用にならないで下さい。
注意
  1. 磨耗したり傷ついたディスクローターをそのまま使用すると、ブレーキパットの制動面が不均一となり、本来の制動力を発揮するまで時間がかかることが有ります。
    ディスクローターは車両のサービスマニュアルに記載された磨耗限度を厳守し、問題がある場合には交換して下さい。
  2. 鋳鉄ローター等のやわらかいディスクローターを使用される場合は、ローターメーカー指定のブレーキパッド以外使用しないで下さい。
  3. ブレーキパット交換の際、ドライバー等で摩耗材部分を押し広げると摩耗材がかける事が有ります。
    この場合商品の交換は致しかねますので御了承ください。

ご質問やご意見などありましたら、お電話またはお問い合わせフォームよりお寄せください。 TEL 0120-127-254 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、夏期休暇、年末年始を除く)

PAGETOP
Copyright © RK JAPAN co.,ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress