メンテナンス

チェーン交換の目安
チェーンはブレーキパッドやタイヤと同じように消耗品です。
車両の使用状況によっても異なりますが、シールチェーンは約20,000Km、ノンシ-ルチェーンは約5,000Kmが交換の目安となります。
チェーンが摩耗してくると加速や燃費が悪化してきますのでサービスマニュアルに記載されたチェーン調整を行い、調整範囲が限界値を超える前に前後スプロケットと一緒に交換されることをお勧めいたします。
チェーンのメンテナンス
ノンシールチェーンもシールチェーンも潤滑が必要です。
500Km~1,000Km走行毎にメンテナンスを実施してください。
メンテナンスの実施によりローラーがスムーズに可動し、チェーンルブの有効成分により、シールの劣化を防ぎます。
メンテナンスには、弊社純正ケミカル、もしくは同等の性能を有する高品質ケミカルを必ずご使用ください。
尚、シールチェーンの洗浄にはシールチェーン対応のチェーンクリーナー以外ご使用にならないでください。
防錆剤、灯油、ブレーキクリーナー等を使用すると、シールを痛めチェーンの寿命が短くなってしまいます。
メンテナンスは安全で平坦な場所で車体を安定させてから行ってください。
必ずエンジンを停止し不用意にエンジンが始動しないようにしてください。
チェーンとスプロケットの間に指等を挟まれないよう、十分に注意してメンテナンスを実施してください。


チェーンに汚れがなく給油だけを行う場合
  1. チェーンルブの缶を5秒程振って中身をよく撹拌してください。
  2. チェーンの内側から、外プレートと内プレートの間及び内プレートとローラーの間に給油してください。
  3. チェーン全周に注油後ウェスで余分なルーブを拭き取ってください。
チェーンの汚れが軽微な場合
  1. ウェスにRKクリーナーを4秒程吹き付けしみ込ませます。
  2. RKクリーナーがしみ込んだ部分でチェーンを包み込み、軽くしごくように拭き上げてください。
  3. RKクリーナーが揮発したことを確認してください。
  4. チェーンルブの缶を5秒程振って中身をよく撹拌してください。
  5. チェーンの内側から、外プレートと内プレートの間及び内プレートとローラーの間に給油してください。
  6. チェーン全周に注油後ウェスで余分なルーブを拭き取ってください。
チェーンの汚れが頑固な場合
  1. RKクリーナーで汚れないように、チェーンの真下及び車体をウェス等で保護してください。
  2. RKクリーナーをチェーン全周に吹き付けてください汚れが浮き出したら更に吹き付けて汚れを落としてください。
  3. 吹き付けだけで汚れが落ちない場合は歯ブラシ等でこすり落としてください。この場合、RKクリーナーが乾くまで1日程度放置してください。
  4. チェーンルブの缶を5秒程振って中身をよく撹拌してください。
  5. チェーンの内側から、外プレートと内プレートの間及び内プレートとローラーの間に給油してください。
  6. チェーン全周に注油後ウェスで余分なルーブを拭き取ってください。
チェーンの選び方・メンテナンス・交換方法を解説した動画を配信していますのでぜひご活用ください。

ご質問やご意見などありましたら、お電話またはお問い合わせフォームよりお寄せください。 TEL 0120-127-254 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日、夏期休暇、年末年始を除く)

PAGETOP
Copyright © RK JAPAN co.,ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress